ピル通販のメリット・デメリット

【誰にもバレずにピルの購入】ってできるの?

「親バレしたくない」「誰にもバレずにピルって購入できるの?」

結論から言いますとできます。

でも場合によっては100%ではありません。

内緒の購入はリスクもあります。最後まで読んでから、ご自身に合った購入方法を決めてくださいね。

【※デリケートな問題です。どうしてもバレたくない場合もあるかとは思います。本記事は、そんなお悩みを一時的に解決するサポートになれれば嬉しいです。】

日本ではピルの購入は医師の処方箋がなければ購入できません。

なので基本的にはピルの購入は、婦人科のある病院で処方してもらうということになります。

 

おおまかにピルを処方してもらえる方法としてはこちら。

どうしても匿名で購入したい場合は、病院には行かずにスマホアプリを利用して診察・処方してもらうか、海外から個人輸入代行サービスを利用して購入する方法がおすすめですよ。

 

海外では一般的に使われているピルですが、日本ではかなり購入する窓口が狭い印象です。

日本では、特にアフターピル(緊急避妊薬)が簡単に購入できる状況になってしまうと、ちゃんと避妊を行わない人たちが増えてしまうと考えられていることも原因の一つになっているようです。

 

ピルが必要な場合は、デリケートな問題なときも多いことが現状です。

良いか悪いかは別として、親の扶養に入っている方で親に言い出しにくい女性は、匿名性が高いことを望むことが多いですよね。

 

通販での購入もできるピルですが、基本的には一度病院でピルを服用できる体質かを診断してもらってから処方してもらうべきです。

(※ピルを処方していい体質か診断するため)

ただし、「緊急用にお守り代わりに持っておきたい」「以前病院で処方してもらったピルを安く購入したい」「忙しくて病院に行く時間がない」場合は、スマホアプリで診断 通販サイトを利用することも1つの手段だと思います。

それでは、病院でピルを処方してもらうケース・アプリでオンライン処方してもらうケース・通販で購入するケースを、それぞれ詳しく説明していきます。

⇓目次をクリックすると好きなところに飛べます⇓

婦人科などの病院で処方してもらう場合

保険証の提示なしで処方してもらうことはできるの?

「え?病院でピルを処方してもらってバレないの?」って思うかもしれませんが、バレない場合もあるようです。

その方法はこちらです⇓

・保険証を使わないこと

・医師に口止めをしておくこと

そんなことできるの?

と疑問に思うこともありますが、デリケートな問題ですので対応してくれる病院は多いとのこと。

(※もちろん対応できない病院もあります)

保険証の提示に関して

扶養に入っている人(例:妻やこども)が、病院で保険証を提示し保険適用の診察や処方があると、被保険者に医療費の通知がまとめて送られてきます。なのでこの場合は確実に被保険者に知られてしまいます。

健康保険によっても通知はさまざまと聞きますが、病院で診察や処方を受けた日時・病院名・診察内容まで被保険者に通知される場合もあります。

保険証を使用せずに全額実費でなら、ほぼバレずにピルを処方してもらえます。

(※ただし、名前などの記入はあるので、病院側には記録は残ります。また、近くの病院ですと知人や知人の親などに目撃されることはあるかもしれません。)

また、地方で病院の数が少ない地域は、親と同じ婦人科に通うことも多いようです。病院の先生もフレンドリーになりやすいので、「この前、娘さんきてたよ」とポロっと言ってしまうかもしれません。

医療関係は守秘義務があるので診察内容まではいくら身内でも言わないはずですが、デリケートなことは一応口止めをお願いしておいても損はないでしょう。

病院に行くと保険適用外の診察や問診・処方でも保険証の提示は求められる

保険証なしでも処方はできると言いましたが、病院での診察や薬の処方のための問診時には、保険適用外の項目であっても、病院側の診察等の記録を残すため(カルテ作成のため)に保険証の提示は求められます。

なので「デリケートなことなので内緒にしたいので保険証を使いたくない」と正直に言えば、多くの場合は保険証なしで全額実費で出来ることが多いようです。

(※病院にもよりますので、確実ではありませんので先に電話で問い合わせてみると良いでしょう)

現代は、「ピル=避妊」の考えも以前よりは薄れており、肌のケアや月経の負担の緩和やコントロールの考えが普及してきました。

ピルの使用は恥ずかしいことではありません。

できれば被保険者(親や夫)と話し合い、保険が適用される部分があったら保険証を使用したほうが安く済みますし、継続的に安心して通院できます。

本来はちゃんと家族やパートナーと相談してからの服用が好ましいですが、その人の状況にもよりますのでなんともいえません。。

病院でピルを処方してもらう費用(目安)

病院で保険適用外でピルを処方してもらう場合の費用の目安です。(※病院により金額はまちまちです)

低用量ピル(1ヵ月) 2,800円~3,500円
アフターピル(1回) 10,000円~15,000円

どこの病院でもこれくらいの価格でしょう。さらに診察代もかかる場合もあるのでもう少し高くなることも。

低用量ピルは毎日飲んで事前に避妊効果を得られるピルです。主に避妊や生理周期を安定させたい場合に使用します。1シート3,000円前後が相場かと思われます。

定期的に婦人科に通い、ピルの処方を受ける場合は血液検査やがん検診などもあり、さらに費用は必要となってきます。

アフターピルは緊急避妊薬のことです。避妊に失敗した場合など緊急時に飲むピルのことです。これも病院によって価格は違いますが10,000円は超えるとみておいたほうが良いでしょう。

どちらの場合も、問診料・診察料がさらに数千円、発生する場合があります。病院での処方は費用が多くかかってしまいます。合わせて病院のピルを処方し続ける5つデメリットを参照ください。

病院で匿名での継続的なピルの購入は難しい

緊急の場合や、1回だけの購入でしたら病院も保険証なし・検診なしでも対応してくれる場合が多いようです。

しかし、継続的にピルの購入をする場合は、さすがに定期検診やがん検診も行わないと難しい現状があります。

やはり病院側も、ピルを提供する以上は、ピルの副作用が悪く出ていないかの検診をする必要があるからです。安全性を求めますので必要なことです。

さらに、継続的なピルの購入は、検診料も含めかなり高額になってしまいます。

定期健診やピルの処方のため毎回病院に行きます。

「ずっとバレずに購入する」ことは、とても難しいでしょう。低用量ピルの服用が継続的に必要な場合は、ご家族と相談の上で処方してもらえるといいですよね。

以前と違い、ピルは「避妊だけのための薬」ではなく、「女性の生活を豊かにするための薬」と世間の認識も変わってきている傾向があります。

ピルを服用すること自体は恥ずかしいことではありません。

オンライン診察ができるスマホアプリを活用

病院へ行きずらい、行く暇がない方は、オンラインで診察できるアプリを活用することをおすすめします。

病院へ行くことなく、空いた時間に診察してもらえるから、忙しい方や自宅から病院まで遠い方、病院が苦手な方におすすめです。

アプリの活用方法は簡単。

  1. アプリをダウンロード
  2. 問診・診察を行う
  3. 医師からピルの提案・処方
  4. ピルが自宅に届く

最初のダウンロードから登録まではやや時間はかかりますが(20分~30分程度)、一度登録してしまえばいつでも空いている時間で診察やピルの処方を受けることが出来ます。

ピルが初めての方でも、医師がオンラインで診察してくれるから安心ですよ。

ピルの受け取りも配送なので、病院へ行く必要はありませんし、もし自宅に配送されることがイヤなケースでも、ヤマトの配送センター留が可能なのです。

特に『病院へ行く時間がない方』の多くは、スマホアプリのスマルナを利用しているようです。

『スマルナ』の詳細はこちらから⇒

\空いた時間にスマホで簡単診察♪/

⇓スマホ専用アプリ スマルナ⇓

無料DLする♪≫

直接通販で購入する

通販サイトで購入し【郵便局留め】を利用する

次に、通販サイトの利用についてです。基本的にはバレることはありません。そのため、どうしても「誰にも知られたくない人」「まとめ買いでお得にピルを購入したい人」は、通販を利用する場合が多いです。

支払い方法や受け取り方法

通販サイトで購入の場合は、問診も診察もありませんので注文するだけです。注文したら支払い方法と受け取り方法を選択します。

【支払い方法】

支払い方法はクレジットカードがおすすめですが、明細に載せたくない場合は「銀行振込」または「ネット振り込み」が良いでしょう。銀行から指定された口座に購入代金を振り込みます。

【受け取り方法】

受け取りを自宅ではなく、近くの郵便局で郵便物の受け取りができる「郵便局留」を利用します。指定された郵便局に行き、そこで受け取れます。(※もちろん中身が何かわからないようになっています)

ピルは医薬品ですので、ピルの通販購入には海外から輸入するほかありません。そのため個人輸入代行サービスを利用する方は多いです。

⇓くすりエクスプレスでの詳しい購入方法はこちらです⇓

https://pillshohou-clinic.com/kusuri-express%e2%80%90kounyuhouhou/

個人輸入代行サービスって?

個人輸入代行サービスとはその名の通り、個人の代わりに輸入を代行してくれるサービスサイトです。

日本では、ピルを入手は病院での処方でしかできません。

なぜならば、医薬品などは、身体に直接影響があることから、その有効性や安全性、品質について、科学的なデータに基づいて確認が取れたものしか流通を許可していないからです。さらに医薬品は医療関係の施設でしか処方できない決まりになっています。

なので日本では、ピルの販売は、Amazonや楽天の大手通販サイトでも取り扱っていませんし、当然、薬局やコンビニにも売っていません。

日本でピルを通販で購入したい場合は、「海外から輸入」という形をとることになります。

個人輸入代行サービスとは、個人で輸入するときに必要なめんどくさい手続きを代行し、通販のような手軽さで海外の品を購入できるサイトです。

個人輸入通販サイトを利用するためには?

個人輸入代行サービスサイトに飛んで、簡単な会員登録を済ませばいつでも購入できます。購入するためのハードルは低く、大手通販サイトの楽天やAmazonと同じような操作です。サイト内検索で「ピル」と入力したら出てきます。

サイトで会員登録

商品を選ぶ

支払い方法と受け取り方法の選択

商品の受け取り

個人輸入代行サービスサイトの説明と代行サービスでピルを購入する注意点を簡単にまとめました。こちらをご覧ください。

通販サイトで購入した場合の費用(目安)

輸入代行サービスのサイトで購入する場合のピルの価格です(※価格は目安です。サイトやまとめ買い等によって価格も変わります。下記の価格はまとめ買いの場合です)

低用量ピル 約800円(+送料)
アフターピル 約3,000円(+送料)

低用量ピルは「トリキュラー21」を、アフターピルは「アイピル」を参照にしています。病院に比べるとかなり安く購入できることが分かります。

https://pillshohou-clinic.com/ranking/

通販でピルを購入するときの注意点

注意点

初めてピルを飲む場合は病院で検査を受けてから

通販で購入したピルを他人に譲らない・売らない

信頼あるサイトで購入する

通販サイトによっては偽薬を販売してしまっているサイトも実際あるようです。サイト選びも重要と言えます。ピルが購入できる輸入代行サービスも併せてご覧ください。

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。