ピルの通販ができるサイト

【ピルが購入できる通販サイト2選】個人輸入代行サービスで購入前に知っておいてほしいこと

ズバリ!通販で、アフターピル・低用量ピルを購入するメリットといえば

”病院よりかなり安く買える”

”誰にもバレずに内緒で購入できる”

”わざわざ病院に行かなくていい”

というところでしょうか。こちらが、ピルを購入できる通販サイトです。

くすりエクスプレスやベストケンコーは個人輸入代行サービスのサイトです。本来、個人輸入ですとかなり手間がかかる手続きを代行してくれて、普通の通販のように海外の医薬品が購入できるサイトです。

他にも海外の医薬品が購入できるサイトはたくさんあります。「オオサカ堂」「お薬なび」「メデマート」「お薬ラボ」「あんしん通販マート」「ネット総合病院」などなど。

どのサイトもお値打ちな商品があったり、購入してみての良い口コミもありますが、個人輸入代行サービスを始めて利用する場合は不安もあり、信頼できるサイトで購入したいと思います。なので!

管理人が実際に、低用量ピルを購入したサイトだけをお伝えしたいと思います。

くすりエクスプレス
を見てみる
 ベストケンコー 
を見てみる

アフターピル・低用量ピルを購入できるサイト

低用量ピルのトリキュラーやマーベロン。アフターピルのアイピルやエラ。「欲しいピルはあるけどどこで購入すればいいかわからない…。」

ここでは、管理人がピルを購入した個人輸入代行サービスを紹介させていただきます。気になるサイトを覗いてみてください。

個人輸入代行サービスサイト2選

くすりエクスプレス
くすりエクスプレス
くすりエクスプレスは1,000種類以上の海外医薬品やサプリを取り扱う薬の通販サイトで、大手医薬品個人輸入代行サービスの1つです。
なんと、日本全国送料無料!(※受け取り不備で、再送が必要な場合は送料がかかってしまいます)
商品の受け取りに関しても、日本郵政の配送を利用していて郵便局留めが利用できます。(受け取りを自宅ではなく、近くの郵便局に指定できます)
 
総評価
支払い方法 銀行振込・クレジットカード
受け取り 住所指定した自宅または郵便局留め

アイピルのページへ公式ページ

ベストケンコー
ベストケンコーも大手医薬品個人輸入代行サービスの1つです。
 
1,700種類以上の医薬品やサプリメントを取り扱い、ここで見つからないものはないと言っても良いほどです。
 
商品が届くまでの期間は4日営業日~8日営業日ほど。お得に購入できるクーポン発行も多く、他のサイトよりお得に買えるチャンスもあります。
 
 
総評価
支払い方法 銀行振込・クレジットカード・lineペイ(プリペイド式)
商品受け取り 指定自宅住所、または郵便局留め

アイピルのページへ公式ページ

通販での購入にどうしても抵抗がある方は、オンラインで医師が診断・処方までしてくれるスマホ専用アプリをおすすめしています。

\病院へ行かずにスマホで診察から処方まで♪/

⇓スマホ専用アプリ【スマルナ】⇓

無料DLはこちらから≫

通販ならまとめ買いがかなりお得です

上記でご紹介しましたくすりエクスプレスとベストケンコーがおすすめできる通販サイトです。

このサイトでは、特に「まとめ買い」がお得です。もし、買い方や、購入方法が分からないかたは下記のページを合わせてご覧ください。

(※「くすりエクスプレスの購入方法を画像で解説」はこちらから)

https://pillshohou-clinic.com/buy-online-shop/ https://pillshohou-clinic.com/ranking/

ピルの購入の前に個人輸入代行サービスについて知っておきたいこと

個人輸入代行サービスとは?

くすりエクスプレスやベストケンコーなどの個人輸入代行サービスを行っているサイトがあります。海外の医薬品を通販のように購入できるサービスです。個人で輸入する場合のめんどうな手続きが全くありません。

日本でのピルの処方は、医師の処方箋がないとできません。要するに病院に行かないとピル購入はできません。病院に定期的に通うことは、時間がかかると共に金銭的にも負担が増えてしまいます。

ピルの服用は費用がかかってしまいます。愛用者にとってはハードルが高いと言えるでしょう。

一度使用したピルを、通販サイトで気軽に安く購入する女性は増えてきています。

個人輸入代行サービスについて詳しく見てみる>>

通販サイトでピル(医薬品)を購入することは違法なの?購入する上での注意点

結論から言いますと、アイピルなどのアフターピルや、トリキュラーなどの低用量ピルを通販で購入することは

違法ではありません!!

薬機法(旧・薬事法)という法律でも認められていますし、厚生労働省も認めています。

では、個人で気を付けたい「違法になる行動」は何かといいますと、医薬品を購入して、知人や家族に譲渡、または転売することです。または必要以上に購入することです。

要するに、自分のために自分が使う分だけ購入することは違法性はないということです。購入したものを、悪用(転売・譲渡など)をしなければ購入しても合法です。(※転売・譲渡についてはこちらから>>)

また、個人で医薬品を輸入する場合は、多くの手続きが必要です。輸入代行サービスのサイトは、その名の通り「輸入の代行」を行います。そのため購入する側は、普通の通販のように利用できるわけです。

その他の注意点

安すぎるピルには注意

⇒海外通販サイトは、偽物の薬も販売している可能性があります。あまり知られてない医薬品や相場より異常に安い薬は注意してください。

 

・男性は男性用、女性は女性用の薬しか購入してはいけない

⇒海外の薬を購入する場合は、自分が使う分量しか購入できません。したがって、彼氏や彼女、パートナーの分まで購入できないことになります。「異性が使用する薬を購入=誰かに薬をあげる」となってしまいますので、男性は男性用、女性は女性用しか購入してはいけません。

 

・基本的には過去に病院などで処方してもらった薬を購入する

⇒個人輸入代行サービスで購入できるピルはジェネリック医薬品が多く、成分や効果は同じです。ピルの購入の際は、服用に適している体質かを病院で検査してから購入することを推奨しています。

 

・信頼あるサイトで購入

⇒ある程度創業が長く、信頼感があるサイトを選びましょう。クレジットカードが使用できることも一つのポイントです。セキュリティがしっかりしていないサイトですと、クレジットカード会社からカード使用の許可が下りません。

 

・口コミを参照する

⇒通販でピル(薬)を購入する前には、必ず有名な名称のものを選んだり、口コミや評判を確認してから購入しましょう。服用後に体調を崩したとしてもすべて自己責任です。出来れば使ったことがあるピルか、口コミ等で高評価のピルの購入が理想的です。

くすりエクスプレス
を見てみる
 ベストケンコー 
を見てみる

 

 

ピルの服用が初めての方は、まずは病院の診察が必要です。

病院へ行く手間がはぶけ、自分の好きな時間でできるオンライン診察が、今注目を集めています。

オンライン診察ができるスマルナの詳細はこちらから≫

\病院へ行かずにスマホで診察から処方まで♪/

⇓スマホ専用アプリ【スマルナ】⇓

無料DLはこちらから≫

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。