ピルの基本知識②処方中の方へ

【ノベロンとは】通販で売っているノベロンとマーベロンはどう違うのか?

ピルを通販で購入しようとして探しているとよく見かけるノベロン。

ノベロンとはいったい何なのでしょう?

実はノベロンは、日本国内の婦人科で処方される低用量ピルである【マーベロン】のジェネリック医薬品です。避妊や生理周期の安定を目的として使用されます。

マーベロンのジェネリック医薬品と言われてもピンとこない方も多いかもしれません。下記でノベロンについて詳しく解説していきます。

ノベロンの通販サイトで見てみる>>

低用量ピル【ノベロン】ってどういうピル?

マーベロンジェネリック (ノベロン)

ノベロンの通販購入ページを見てみる>>

ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品

上記にもありますが、低用量ピルであるノベロンは、婦人科で処方されるピルであるマーベロンのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品なのでマーベロンと同成分・同効果です。製造している会社に違いがあります。

ノベロンを正しく服用するとほぼ100%避妊できます。

避妊を目的に服用されることが多いですが、生理不順や生理痛の改善、子宮がん予防やニキビの改善を目的に使用する女性も多いようです。

ホルモン治療で使用される中用量・高用量のピルもありますが、副作用がかなり強くでてしまいます。低用量ピルは、避妊で必要な最低限の女性ホルモンが含まれており副作用も比較的少ないのです。

また、ノベロンは「第三世代一相性のピル」と呼ばれており、第二世代で人気のピルであるトリキュラーよりも副作用やむくみが原因での体重増加が改善されています。(一相性の解説はこちらの別記事で記載しております)

低用量ピルの避妊の仕組みとノベロンの成分

低用量ピルのメカニズム

まずは低用量ピルについて理解を深めていきましょう。

低用量ピルとは

低用量ピルとは、毎日決まった時間に飲むことによって、配合されている女性ホルモンである【卵胞ホルモン】と【黄体ホルモン】が脳に働きかけ排卵が抑制され、避妊効果を得られる医薬品です。

低用量ピルは、正しい服用方法を守ればほぼ100%の避妊効果が得られます。(※詳しい服用方法は下記で解説します)

また、ノベロンの成分は2つの女性ホルモンが含まれています。女性ホルモンの、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03㎎、黄体ホルモンであるデソゲストレル0.15㎎が配合されています。低用量ピルの中でもホルモンの含有量が低いピルであり副作用は比較的少なく、ピルが初めての女性やピルの副作用に悩んでいる女性に向いています。

ジェネリック医薬品の3つのメリット

ピルの服用前は婦人科で診察してもらう必要があります。めったにないですが、ピルの副作用で血栓症があり、血栓症体質かどうかを診断するためです。

医師の診断後、ピルを処方されたら服用をし始めます。しかし、ピルは毎月3,000円ほどの費用と、随時病院での診察代もかかってしまい、思っている以上にコストがかかってしまうことも。また、毎回病院に行くにも通う時間や待ち時間で、スケジュール管理も大変になります。

そこで、ジェネリック医薬品を通販で購入するほうがメリットを感じる女性が増えてきています。

メリット①

【費用をかなり抑えることができる】

病院でピルを毎月購入すると、月に3,000円前後のピル代と各診察料がかかります。年間ですと40,000円~50,000円かかってしまうと思っていたほうがいいでしょう。

ですが通販でまとめ買いで購入することによってかなり節約できます。ノベロンのおおよその通販価格こちらです。

1シート 約3,200円
3シート 約4,500円(1シートあたり約1500円)
6シート 約7,000円(1シートあたり約1,180円)
12シート 約10,500円(1シートあたり880円)

(※28日で1シート使用します)

メリット②

【婦人科に行く時間の節約に】

意外と困ることが「婦人科へ行くためのスケジュール管理」です。仕事や学校で毎日忙しい中で婦人科へ行くための時間の確保が必要です。

それに、初診はもちろん定期的に血液検査や血圧検査、必要に応じて婦人科検診もあります。病院に着いても待ち時間がありストレスになることも。。

メリット③

【誰にもバレずに購入できる】

多くの女性が婦人科に行くことを躊躇したり、恥じらいを感じする場合があります。さらにピルの処方となると、残念なことに今の日本では「ピル=避妊」のイメージが強く、年配の方中心に良いイメージがあまりないことが現状です。通販で購入することによって、これらを避けることもできます。

このような理由から通販を利用する女性が増えてきています。

ノベロンの通販購入ページを見てみる>>

ノベロンの服用方法

マーベロンジェネリック (ノベロン)

ノベロンの通販購入ページを見てみる>>

ノベロンの服用方法

ピルの服用は、毎日決まった時間に飲むことが大切です。

1シート21錠入っています。月経の初日から飲み始めます。1日1錠服用し3週間(21日間)飲み続け、その後7日間休薬期間とします。つまり、28日を1周期としています。

29日目からは次の新しいシートに移ります。これを毎月繰り返します。飲むタイミングは、ピルの効果がしっかり得られるように、毎日決まった時間が好ましいです。朝食後などの習慣化できる時間にしましょう。

もしも、飲み忘れてしまった場合は、24時間以内であれば気付いたときに飲みましょう。ただし、2日以上(2錠以上)飲み忘れた場合は、避妊効果がほぼ無くなっている状態です。この場合は次の生理をまって、最初からやり直しです。

ノベロンの副作用

ピルを服用すると副作用が出る場合が多いです。ピル服用によってホルモンバランスが強制的に変化されるからです。副作用としては、従来の吐き気、むくみ、不正出血、頭痛などが報告されていますが、一般的には2週間~4週間ほどでおさまるケースがほとんどです。

ごくまれに血栓症を発症してしまう場合もあります。手足のしびれを感じたりしたら1度病院に行き診察してもらいましょう。

また、風邪薬などを飲むときは、事前にピルを飲んでいることを伝えましょう。ノベロンは避妊するためのホルモンがギリギリの量しか入っていません。併用する薬によってはピルの効果が落ちてしまう可能性があるからです。

ノベロンの購入方法

ノベロンに限らずピルは薬局には売っておりません。日本で購入するためには、病院で医師の処方が必要です。海外ですと、薬局や自動販売機にも売っているピルなのですが、日本では気軽に手に入れれない医薬品となります。

そこで、海外から輸入する方が多くなっています。個人で輸入となると「なんだか難しそうだな」と感じるかもしれませんが、輸入代行サービスを利用すると楽天やAmazonのように通販感覚で簡単に購入できます。

通販でのまとめ買いでの購入はかなり格安ですし、病院に行く手間もかかりません。多くの女性が利用していますので一度ご覧ください⇓

通販サイトの購入ページを見てみる>>

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。