低用量ピル

マーベロン(ノベロン)の通販価格と効果&口コミ・評判

マーベロンってどういうピル?ノベロンって?

副作用はあるの?

使ってみたいけど大丈夫かな…?

本記事では、低用量ピルであるマーベロン(ノベロン)についてまとめていきます。マーベロンは一相性の低用量ピルで、毎日服用することによって避妊効果を発揮します。

また、マーベロンは国内認可された医薬品です。クリニックで医師の処方箋がないと購入できません。ノベロンとは、マーベロンのジェネリック品で、同量成分で配合されています。ノベロンの購入はくすりエクスプレスやベストケンコーなどの輸入代行サービスを通じて通販で購入できます。

通販のマーベロン (ノベロン)を見てみる>>

マーベロンの価格や効果について

画像:通販で購入できるノベロン

マーベロンはどういうピル?

マーベロンは毎日服用して避妊効果を得る、一相性の低用量ピルです。

黄体ホルモンのデソゲストレルと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが配合されており、服用することによって体の中のホルモンバランスを変化させます。

マーベロンを飲むと何故避妊できるの?

毎日服用することによって、身体の中のホルモンバランスを変化させ、強制的に妊娠している状態に近づけます。

そのため、排卵しずらくなる・精子が卵管を通りにくくなる・受精卵が子宮に着床しにくくなる効果が出て、限りなく100%に近い確率で妊娠することを防ぎます。

一相性ってどういうこと?

低用量ピルのタイプには、一相性・二相性・三相性と種類があります。

一相性は錠剤1粒1粒に含まれるホルモン量が同じ分量含まれています。ホルモンバランスに関係なく、毎日同じ薬を服用するタイプです。マーベロンは一相性に当たります。

逆に、三相性はホルモン量が3種類に分かれいます。三相性で有名な低用量ピルはトリキュラーがあります。ホルモン量を飲む時期によって変化させ、身体への負担を最小限にするためです。ピルを初めて服用する方は3相性タイプをおすすめしています。

マーベロンとトリキュラーの違い

マーベロンは第三世代一相性と呼ばれているピルに対して、トリキュラーは第二世代3相性のピルです。

上記に説明した通り、マーベロンの一相性は、1シートの中の錠剤全てが同じ分量のホルモンを含みます。対してトリキュラーは三相性で、ホルモンの含む量が3段階にわかれており、錠剤の色も3色あります。

トリキュラーが属する第二世代のピルは、ニキビの発生や体重の増加が起こりやすいとされてきましたが、マーベロンが属する第三世代は、それらのデメリットを大きく改善されています。

低用量ピルとアフターピルの違い

マーベロンのような低用量ピルとアイピルなどのアフターピルは、同じピルでも使い方が全く異なります。

低用量ピルは、毎日少量のホルモンを摂取して避妊効果を得るピルです。1度(1錠)のホルモンの摂取量が少ないので、負担も少なく100%に近い避妊効果を得られます。その代わり毎日決まった時間に飲まないと効果は得られません。

一方で、アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗したときにクリニックで処方してもらうピルが、このアフターピルということになります。低用量よりずっと多くのホルモンが含まれており、1回の処方で無理やり妊娠に近い状態に近づけます。その分、副作用も強く出る場合が多いです。

マーベロンは毎日飲むの?服用方法について

低用量ピルであるマーベロンは、毎日同じ時間に服用します。月経の周期を28日として計算します。

マーベロンは錠剤が1シート21粒入りです。21日間は錠剤を飲み、7日間は薬は飲みません。飲まなくなった22日目に生理が来ます。7日間の薬を休む期間を経て、29日目(次の周期の初日)から新しいシートの錠剤を飲み始めます。

毎日飲むことはもちろんのこと、飲む時間帯もある程度同じほうが効果も得やすいので、「朝の〇時に飲む」と決めておいたほうがいいでしょう。また、ピルリマインダーというピル飲み忘れ防止のためのアプリもあります。同時に使ってみましょう。

PMSに効果的

海外では、低用量ピルを服用する習慣が多い国はたくさんあります。日本で低用量ピルが販売されたのは1999年でごく最近のこと。それまで日本ではピルは緊急避妊薬でしようされる中用量ピルが主流だったので、ピル=避妊となってしまい、ピルのイメージがあまり良くないことが現状です。

実はピルは、飲み始めの1ヵ月~2か月程度の吐き気などの副作用はありますが、かなり安全性の高い薬です。

ピルは女性ホルモンの安定化を目的として使用され、避妊効果はもちろんのこと、肌荒れやニキビの改善、辛い生理痛の改善、生理前の不快感(PMS)の治療にも使われます。

そもそもPMSって?

PMSとは、生理前後の不快感が現れる症状のことをいいます。

PMSの原因はまだ明確になっていませんが、排卵後の2つの女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の変化が関係していると考えられています。排卵が起こると、この黄体ホルモンの分泌が増えます。

黄体ホルモンは、妊娠する上では必要なホルモンですが、妊娠しない場合は心身のバランスを乱してしまう作用が確認されています。

ピルを飲むことによって、これらのホルモンバランを整える効果が期待できます。

ニキビへの効果があるの?

マーベロンは避妊効果だけではなく、美肌効果も持ち合わせています。ホルモンバランスが崩れると皮脂を過剰に分泌する男性ホルモンのアンドロゲンが多く作用し、ニキビや肌荒れの原因となります。

生理前に肌が荒れやすく感じるのはこれが原因です。マーベロンを服用することによって、ホルモンバランスが安定します。これによってニキビや肌荒れの改善に繋がるのです。

マーベロンの有効成分のエストロゲンは、コラーゲンの働きを生成を促進する効果があり、ハリやツヤ、潤いにも影響があると共に、ニキビや肌荒れ対策としても使用することができます。

ただし、マーベロンを服用し始めは、逆にホルモンバランスが安定しないので、一時的にニキビや肌荒れがいつもより多く出てしまうこともあります。

副作用について

服用を始めて、特に最初のころは副作用がみられる場合が多いです。それはピルを飲むことによって強制的にホルモンバランスを調整しているためです。

主な副作用としては、軽い吐き気や頭痛、不正出血です。ほとんどの場合は軽い症状で済みますが、長い人で1ヵ月~3ヵ月程度副作用が続く場合もあります。徐々にホルモンバランスが安定してきますので、それと共に副作用もおさまってきます。

副作用が明らかに強い場合や、ずっと続いてしまう場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

また、ごくまれにですが血栓症になってしまうケースもあります。血栓体質の方やたばこを吸う方はピルの服用は不向きです。詳しくは血栓症についてをご参照ください。

マーベロンの価格について

病院での処方の場合は、1シート(28日分)2,800円~3,200円前後でしょう。年間40,000円程度はかかるはずです。病院にもよりますのでかかりつけの病院で確認してください。また、クリニックでの処方は、診察代(血液や血圧検診)や定期検診代(子宮検診)などのお金もかかります。

通販で購入の場合、1シートの値段はあまり変わりませんが、まとめ買いですとかなりお得です。

1シート 約3,200円
6シート 約7,000円
12シート 約10,500円

(参照:くすりエクスプレス) 

まとめ買いですとかなり値段が変わります。1度、病院で診察を受けて処方された方でしたら、通販での購入は検討しても良いと思われます。

マーベロンの口コミ・評判

マーベロンの口コミ・評価

ネットからマーベロンについての口コミを抜粋しました。購入の際は、良い口コミも悪い口コミも参考にしてください。

ずっとトリキュラーを服用していましたが、身体に合わなかったのか吐き気や頭がぼーっとするなどの副作用に悩まされていました。知人が使っていたマーベロンを試してみたところ副作用がなくなって今も服用しています。
以前はクリニックで処方してもらっていましたが、家計にかなり負担がかかり、輸入代行サービスで購入しています。年間30,000円以上節約できるから通販を重宝しています!
避妊には失敗したことはないので効果は感じていますが、不正出血が続いてしまってやめてしまいました。
マーベロンと成分が同じノベロンを通販で購入しています。製品自体には問題はありませんが、やはりコストがかかってしまいます。生理前のイライラにも効果があって嬉しいです!ですが専業主婦にはお金の問題も。。
30代でニキビに困っていました。マーベロンを服用し始めて2か月くらいでニキビが小さくなったことを実感できました!さらに嬉しいことは、新しいニキビがほとんどできていません。これからも愛用させていただきます!
通販で12シートで購入しています。かなり安くて嬉しいです。でも1年に1回くらいの購入なので、最後のシートを使い始めたら次の注文を早めにしないと!
注文してから、だいたい10日くらいで届きました。国際書留なので、自宅にいないと再配達になってしまいます。服用して数か月ですが、今のところ問題ないです!
彼があまり避妊してくれないので心配になってピルをはじめました。最初は吐き気が少しあってやめようかなって思いましたが、2シート目で慣れてきたのか副作用もなくなりました。今では肌の調子もよくなって、服用して良いことばかりです!
マーベロンを服用してから生理が28日ぴったりにきます。怖いくらいにぴったりです(笑) 生理日が確実に分かるので予定も立てやすくて良いと思います!

通販で購入について

マーベロン(ノベロン)を購入する場合は、個人輸入代行サービスを提供する通販サイトで購入します。

通常、個人で海外の薬品を輸入しようと思っても、海外の優良な企業をさがして、発送方法などを決め、関税を通過するなど、困ったことに難しい手続きが非常に多いです。

そこで、個人輸入代行サービスを行うサイトで利用します。会員登録を行うと、通販のように海外の品が手軽に購入できます。

「個人輸入って違法性はないの?」って思うかもしれませんが、違法ではありません。厚生労働省が認めていますのでちゃんと合法です。ただし、いくつかのルールがあります。

「さっそく購入しよう!」となる前に、個人輸入代行サービスを利用する上でいくつか注意点がありますので先にご覧ください。

・購入した薬を他人に譲渡・転売してはいけません(自分で使用する分しか購入してはいけない)

・基本的には男性は男性用、女性は女性用の薬しか購入できません

・購入は自己責

⇓もっと詳しい説明はこちらから⇓

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。