岩手県のクリニック

岩手県奥州市でピル処方がある病院・クリニック検索

全国のアフターピルや低用量ピルの処方がある病院検索結果一覧ページ

岩手県奥州市にお住いの方へ

避妊薬(低用量ピル・アフターピル)の処方・ご購入をお求めの際は、通販を利用すると便利でお買い得です。

【PR】「え?トリキュラー21が一ヵ月分で700円台?」まとめ買いがお得な通販サイトの説明を見てみる>>

岩手県奥州市でピル処方がある病院検索

岩手県奥州市の検索結果

該当施設は2

件でした。

◆岩手県内で他の地域の病院を探す≫

◆病院で低用量ピルを処方してもらうデメリットとは?≫

該当施設は、避妊薬である低用量ピル(トリキュラーなど)アフターピル(ノルレボなど)の処方がある婦人科や産婦人科です。病院名やクリニック名をクリックすると病院公式HPまたは関連ページに移動します。

※ピルの服用による避妊や望まない妊娠での中絶のご相談は、まずは該当の病院に電話でお問い合わせください。

PR 【PR】病院に行かなくても診察・処方ができる!?スマホで簡単♪オンライン診察・処方の詳細を見てみる≫

平間産婦人科

産科・婦人科

岩手県奥州市水沢区太日通り2-2-3

水沢駅

低用量ピルアフターピル

姉体診療所

婦人科

岩手県奥州市水沢区上姉体2-5-2

水沢駅

低用量ピルアフターピル

病院検索

岩手県内で他の地域で病院を検索する≫

(※掲載内容に間違いなどがありましたら、大変お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください)

岩手県奥州市にお住いの方へ

低用量ピルの処方はオンライン診療がとっても便利♪

【PR】「え?病院に通わなくてもピルの処方が受けられるの?」病院へ通う意外な5つのデメリットとは≫

岩手県奥州市で産科・婦人科がある病院

岩手県奥州市の産科・婦人科がある代表的な病院一覧です。

PR ◆病院で低用量ピルをずっと処方してもらうデメリットとは?≫

岩手県立胆沢病院

産婦人科

岩手県奥州市水沢区龍ヶ馬場61

水沢駅

低用量ピル・アフターピル

岩手県立江刺病院

産婦人科

岩手県奥州市江刺区西大通り5-23

水沢駅

低用量ピル・アフターピル

奥州市総合水沢病院

婦人科

岩手県奥州市水沢区大手町3-1

水沢駅

低用量ピル・アフターピル

滝田医院

産科・婦人科

岩手県奥州市江刺区六日町1-9

金ケ崎駅

低用量ピル・アフターピル

病院検索 岩手県内で他の地域の病院を検索する≫

岩手県奥州市で低用量ピルをお求めの方へ

低用量ピルは、病院に行かずにスマホで行うオンライン診断で処方してもらうこともできます。

岩手県奥州市で、ピルの処方がある婦人科が見つからなかった際には、ぜひオンライン診療を利用してみてはいかがでしょうか。

病院へ行くことで負担になる時間費用を抑えるために、オンラインでの診察を希望する女性が増えてきています。

まずは、『ずっと病院でピルを処方してもらうデメリット』をご覧ください⇓⇓

 

【病院へ行く時間がない!】【できれば病院へ行きたくない】という方は、オンラインで医師が診断・処方までしてくれるスマホ専用アプリをおすすめしています。ぜひ詳細ページをご確認ください。

\自宅で診察・処方ができるオンラインアプリ登場/

⇓スマホ専用アプリ スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ

【PR】病院に行かなくても診察できるの!?スマホで簡単♪オンライン診察・処方はこちらから≫

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。