アフターピル

【ella(エラ)】アフターピルの通販価格と効果&口コミ・評判

ella(エラ)は最新の緊急避妊薬で有名なエラワンのジェネリック医薬品です。ピルの中でも避妊に失敗したときに、性行為の後に使用するアフターピルの1つです。くすりエクスプレスやベストケンコーの海外通販サイトで購入できます。

通販で購入できるアフターピルで有名なI PILL(アイピル)と比べても、性行為後120時間まで避妊の効果がかなり期待できるピルで比較的評価が高く、ここ最近は注目を集めています。

アフターピルは副作用も強いため、常時使用することはおすすめできませんが、緊急事態用にお守り代わりに持っておく女性が多くなってきています。それでは、以下でella(エラ)について詳しく解説します。

ellaエラの通販サイトを見てみる>>

ella(エラ)の効果と副作用について

ella(エラ)の詳細と効果について

ella(エラ)はトルコのアブティ・イブラヒム社が開発した緊急避妊薬で有名なエラワンのジェネリック医薬品です。

エラワンの最大の特徴としては、性行為後120時間(約5日)以内に服用することで妊娠を回避できる部分です。従来のアフターピルは性行為後24時間~72時間以内の服用でないと高い効果が期待できませんでしたが、アフターピル処方までに約5日までの猶予があることが人気の要因になっています。

もちろんella(エラ)の処方も早いほうが避妊の成功率も高まりますが、エラワンと同じ有効成分ウリプリスタール酢酸エステルを同量配合されており、その成分が子宮内膜の肥厚を防ぎ、粘液の状態を変化させ、精子が子宮までたどり着きにくくなり妊娠しない環境を作り上げます。

(事後避妊薬)としては最新で、従来のピルでは実現できなかった1回1錠で完結できるアフターピルです。その避妊確率は95%と海外サイトで高い成功率が証明されています。

上記の特徴のため、ella(エラ)の人気が高まっています。望まない妊娠を回避したい、緊急時のときに回避したい方は、おまもり代わりで常備しておくことも1つの手ではないでしょうか。

ただし、どのアフターピルにも言えることですが、用法用量を守って服用しても100%避妊のお約束はできませんのでご注意ください。

性行為からの服用する時間が短ければ短いほど避妊成功確率が高まります。

ella(エラ)の服用するタイミングについて

性行為後120時間(約5日)まで避妊効果がありますが、それでも服用は早いほうが望ましいです。より高い避妊効果を得るために、妊娠が疑われる性行為後に、なるべく早い服用をおすすめします。

一般的な低用量ピルとは違い、性行為後に飲む緊急避妊薬となります。性行為のあとに飲まなければ効果は得られません。

服用するときは、水かぬるま湯をおすすめしています。

ella(エラ)の副作用について

ella(エラ)を服用すると副作用として気分が悪くなる場合が多いです。ピルを飲むことによって、ホルモンバランスを強制的に変化させ、妊娠を回避します。そのため吐き気などの症状が出る場合があります。

吐き気が少しでも抑えられるように、空腹時よりも食後の服用をおすすめします。もし、嘔吐してしまった場合は、服用後2時間いないであればもう一度飲んでください。(※吐いてしまう場合もあります。通販を利用する場合は複数の購入をおすすめします)

また、ella(エラ)を服用後3日~20日のあいだで、子宮内膜が剥がれることによっての生理のような出血があります。これは避妊を回避成功したことになりますので正常です。

ella(エラ)服用することによってホルモンバランスが一時的に変化します。生理の周期が乱れたり、排卵する周期に変化する場合がありますが、時間とともに安定していきます。

もし、生理の乱れが半年以上続くようでしたら、かかりつけの医師にご相談ください。

ella(エラ)の口コミ・評判

ella(エラ)についての口コミを抜粋して掲載します。購入の際は、参考にしてください。

アイピルより事後避妊できる時間がながいのでエラを購入しました。飲み忘れがこわいのでとても安心感があります。
病院で緊急避妊としてアフターピルを処方された経験がありますが、病院の検診が恥ずかしすぎてイヤでしょうがないです。通販で購入できるので重宝しています。
彼が避妊をしてくれないので常備していますが、飲むと吐き気がすごいです。すぐ嘔吐してしまい、吐き気止めと一緒にもう1度飲みました。避妊失敗はしたことはありませんが、あまり何回も飲みたくはないですね。。
年に2回ほど服用しましたが、今のところ失敗はありません。ただ、しょうがないことですが、生理の周期が乱れてしまいました。
注文してから約10日ほどで届きました。届くまで本当に来るのか不安でしたが大丈夫でした。注意点としては、国際書留できますので、自宅にいないと受け取れません。郵便局の保管期間をすぎてしまうと再送料が必要になるので気を付けて。
副作用の吐き気がすごいので、1個だけの購入ですと不安です。予備でいくつか購入しておいたほうがいいなって思いました。むしろ通販でのまとめ買いはお得なので、多めに購入しておくべきです!
万が一の望まない妊娠に備えて、女性にとってピルの常備は必要と感じています。緊急時のときに病院がやってない土日や長期連休だったら最悪だから。自分を守るために常備しています。

ella(エラ)の価格と購入について

病院で処方されるピルはルノレボといい、アイピルはルノレボのジェネリック医薬品です。病院で処方される場合は10,000円~15,000円が相場です。診察もありますので、診察料も別で3,000円程度かかります。

一方で、通販で購入するella(エラ)はかなりお得に購入できます。

1箱(1錠) 約6,800円
2箱(2錠) 約11,000円
3箱(3錠) 約16,000円

(※参照:くすりエクスプレス

アフターピルの中ではella(エラ)は高価なほうと言えます。もっと安くアフターピルを購入したい方はI PILL(アイピル)をご覧ください。

そして、ella(エラ)の購入方法についてです。購入する場合は、個人輸入代行サービスを提供する通販サイトで購入します。

通常、個人で海外の薬品を輸入しようと思っても、海外の優良な企業をさがして、発送方法などを決め、関税を通過するなど、困ったことに難しい手続きが非常に多いです。

そこで、個人輸入代行サービスを行うサイトで利用します。会員登録を行うと、通販のように海外の品が手軽に購入できます。

「個人輸入って違法性はないの?」って思うかもしれませんが、違法ではありません。厚生労働省が認めていますのでちゃんと合法です。ただし、いくつかのルールがあります。

「さっそく購入しよう!」となる前に、個人輸入代行サービスを利用する上でいくつか注意点がありますので先にご覧ください。

・購入した薬を他人に譲渡・転売してはいけません(自分で使用する分しか購入してはいけない)

・基本的には男性は男性用、女性は女性用の薬しか購入できません

⇓もっと詳しい説明はこちらから⇓

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。