ピルの基本知識②処方中の方へ

病院の低用量ピル処方を続ける5つのデメリット

ピルには避妊効果をはじめ、生理周期を整えたり、生理の不快感の軽減やニキビ対策など、女性に嬉しい様々な効果があります。

しかし、病院のピルを服用する上でのリスクも存在することは事実です。

服用している女性はもちろん、これからピルを購入しようとしている女性に知っておいてほしい「病院のピルを飲み続ける5つのデメリット」です。

\病院に行かなくても自宅で診察・処方ができる♪/

⇓スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ

病院のピルを服用する5つのデメリット

デメリット①料金が高い

ピル代・病院の診察代が高い

当然のことながら、毎月の出費が重なります。

平均的な金額ですと、月々のピル代で3,000円程。病院の診察が1回で2,000円~5,000円ほどかかる場合があります。

病院によって異なりますが、ほとんどの病院は、毎月~半年に1回の血液検査や問診が行われます。また、1年に一回「婦人科診察」を行い、性病にや子宮検診などの病気がないかチェックを行います。

ピル代以外にも、定期的に検診代がかかるため、1年で50,000円~60,000円は見積もっておいたほうが良いでしょう

デメリット②病院へ行く時間を確保する必要がある

定期的に病院に行く必要がある

デメリット①でもありましたが、病院でピルを処方してもらうと、定期的に血液検査や婦人科診察があります。

お金もかかりますが時間も取られてしまい、忙しい人にはかなり負担がかかることに。

定期的に病院に行くことは、思っている以上に自分の時間をとられてしまうことも。

わざわざ仕事を休むことや、近くに病院が無い場合は遠くまで行く必要も出てきます。

デメリット③土日は診察出来ない病院がほとんど

病院の時間に合わせないといけない

デメリット②でもあるように、病院でのピルの処方は定期的に診察に行く必要があります。

病院でのピルの処方は、医師の検診を定期的受け安心な反面、病院が開いている時間に合わせて診察に行く必要があります。

ほとんどの病院は、土日や祝日、大型連休は休診日なので、日程調整が非常に難しいことが挙げられます。

デメリット④問診で医師と対面して話す必要がある

医師と対面して話す必要がある

ピルの処方には問診があり、デリケートなことも説明することが多いです。特に、担当する医師が男性の場合、抵抗がある女性も多いですよね。

また、当然ながら、婦人科検診を行う場合もあります。

妊娠の有無や、子宮の病気にかかっていないかを調べるためです。それに対して抵抗感を持つ女性も多いです。

デメリット⑤家族や知人に変に思われることも

家族や知人に知られることも

病院というオープンな施設な為、知人や家族に知られてしまうことも。特に、地方で病院数が少ない地域では尚更。

現代ピルは、女性に必要なくすりという認識が広がっていますが、それでも『ピルを服用している』となかなか他人に言いずらいことも。

ピルに対しての印象がまだまだ冷ややかなことが現実です。

これらのデメリットを解消する2つの方法

多くの女性にとってピルの処方のために病院へ通うことはややハードルが高いですよね。できるだけ病院に行く時間や費用を節約したい。

そこで、基本的には病院に行かずに済む方法2選です。

(※副作用が強く出るなど体調に異変がある場合は病院へ行く必要があります)

解決方法①オンライン診察を利用する

これら上記のデメリットは自宅でピルの診察・処方できるスマホアプリを利用することで解決できることがほとんどです!

医師と空いた時間でチャットで問診や診察を行うため、病院へ行く必要がないことが最大のメリットです。

 

さらに、病院へ行く必要がないので仕事を休む必要もなく、交通費や定期的な診察代もかかりません

また、ピルは自宅に何が入っているか分からない段ボールで配送されるため安心です。ほとんどが、処方を依頼した翌日に届く上に、自宅以外にもコンビニ受け取りなど配送先を指定することもできます。

スマホ診察することで..

  • 会社を休むことなく診察が可能♪
  • 夜間や土日に関係なく自分の都合で診察可能♪
  • 病院での定期的な診察がないから結果的に節約になる!
  • 一度登録すればすぐにピルを処方してもらえる♪
  • 男性医師が苦手な方でもチャット対応だから安心!

スマホで診察できるアプリを利用することで、病院でピルを処方してもらうデメリットのほとんどをカバーできるスマホアプリ【スマルナ】が人気急上昇です!

(※ただし、医師が診察が必要と判断した場合は病院へ行かなければならない場合もあります)

下記の『詳細ページ』にて、登録方法の解説も行っています。

ぜひ、病院へ行かずに、いつでもどこでもピルの処方ができるスマホアプリ【スマルナ】を試してくださいね!

\病院に行かなくても自宅で診察・処方ができる♪/

⇓スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ


解決方法②ピルを通販で購入する

ふたつ目の解決方法は、ピルを通販で購入することです。

ピルを通販で購入するメリット

・病院に行く手間をはぶける

・土日や祝日など曜日や時間を選ばず注文できる

・スマホ1つで楽天やAmazonのように簡単に購入できる

・まとめ買いをすることで病院よりかなり安く購入できる

・アフターピル(緊急避妊薬)を購入することができる

ピルは、楽天ショップやAmazonでは購入できません。

日本では、医師の処方箋がないと購入できないピルですが、海外では自動販売機や薬局でも販売していますので、海外の商品を取り扱っている通販メーカーで購入します。

通販を利用する最大のメリットは、購入費用をかなり抑えることができることと、アフターピルが購入できる部分です。

⇒病院価格と通販価格の比較はこちらから≫

日本で避妊に失敗した場合、病院行き対応してもらう必要があります。

アフターピルは、早ければ早いほうが避妊成功率が高まりますが、土日や祝日、夜間の時間帯などで病院で対応できない場合も多いですよね。

日本ではアフターピルは緊急時の病院でしか処方されないので、病院が休みのときなどには妊娠リスクが高まります。

万が一を考えて、お守り代わりにアフターピルを購入する女性が増えてきています。

ピル購入でおすすめの通販ページ2選へ

 

ピルの服用が初めての人はまずは診察を

ピルを初めて服用する方は、まずは病院(またはオンライン)での診察が必要です。

ピルを服用しても大丈夫な体質かを調べるためです。

また、ピルにもいろいろ種類があり、そのピルによって特徴や副作用が少しかわりますし、自分にあったピルを選ぶことが大切です。

通販でピルを購入する際も、病院で処方されたピルと同じものを購入することをおすすめしていますので、初めての方はまずは病院の診察を受けてみてください。

\オンラインで病院へ行く時間を節約♪/

⇓スマホ専用アプリ スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ


『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。