低用量ピル

ダイアン35の効果&口コミと通販価格について

『ダイアン35の効果や価格を知りたい』

『ダイアン35とジネット35はどう違うの?』

『ダイアン35の副作用は?』

ダイアン35は、実は小柄な日本人向けの低用量ピルです。

現在販売されている低用量ピルは、身体が大きな欧米人向けに製造されているピルが多いので、もともと小柄なアジア人が服用すると、副作用が強く出てしまう傾向です。

しかし、ダイアン35は比較的小柄なアジア人向けに製造されているので、小さい体の方でも副作用が出にくい傾向です。

今回は、ダイアン35の効果や口コミ、お得に購入する方法を解説します。

\ダイアン35の購入は通販がお買い得♪/

PR

ダイアンの購入は通販でのまとめ買いがお得です。

くすりエクスプレスのダイアン35通販ページを見てみる≫

ダイアン35の効果や服用方法について

ダイアン35

それでは、ダイアン35の効果や販売価格について詳細を解説します。また、ダイアン35のジェネリックであるジネット35との違いも紹介します。

ダイアン35ってどんなピル?

ダイアン35は、外国製の低用量ピル(経口避妊薬)です。

低用量ピルとは、少量の女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲンと卵胞ホルモンのプロゲステロン)をごく少量配合した医薬品で、毎日同じ時間に服用することで、高い避妊効果を発揮します。

 

ダイアン35の有効成分は、卵胞ホルモン製剤「エチニルエストラジオール」と黄体ホルモン製剤「酢酸シプロテロン」です。

また、ダイアン35は第3世代の1相性のピルに分類されています。第3世代のピルは、ホルモン含有量がすべての錠剤で一定なことから、初心者の方でも飲みやすいことで人気を集めています。

⇒ピルの種類や基本知識はこちらから≫

ダイアン35の服用による避妊のメカニズム

ダイアン35をはじめ、低用量ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモン黄体ホルモンが含まれています。この2つのホルモンは、本来妊娠するために卵巣から分泌するホルモンです。

これらのホルモンを含むピルを服用することによって、脳が妊娠したと勘違いして排卵を抑制します。これによって性行為を行っても、避妊することができるのです。

また、もし排卵してしまっても、子宮頸管の粘液の組織を変えて子宮への精子の侵入を防ぐことや、子宮粘膜が厚くなることを防ぎ受精卵が着床しにくい状態をつくります。

これらの作用により、ピルを毎日定時に服用することによって、避妊確率をほぼ100%にします。

ダイアン35を服用し始めて8日目から避妊の効果がでます。

ダイアン35の避妊以外の期待できる効果って?

実はダイアン35には避妊以外の効果も期待できます。

ダイアン35の期待できる効果

・PMS(月経前症候群)の症状の緩和

・男性ホルモンを抑制しニキビや肌荒れの改善

・男性ホルモンを抑制することで体毛を薄くする効果が期待できる

・月経をのサイクルを28日で1周期としコントロールする

ダイアン35の主成分である主成分であるエチニルエストラジオールは月経周期の調整や更年期障害治療などにも使用される成分であり、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

そのため、ニキビの抑制や体毛を薄くする効果が期待できます。

近年では、避妊目的だけではなく、生理不順やPMSの悩みを解決するためや、ニキビの改善のためにピルを服用する女性は増えてきています。

ダイアン35の服用方法

ダイアン35は、1シートを28日周期として服用します。

1シートに21錠入っており毎日服用します。22日目~28日目までの7日間は休薬期間となり、ダイアン35を服用しません。服用をやめたその日から生理(消退出血)がみれます。出血の量や期間に関わらず、7日間の休薬期間を終えたら、次のシートを飲み始めます。

可能な限り、毎日決まった時間に服用することが大切です。

服用するときは副作用により吐き気が伴う場合もあります。空腹時よりも食後に水またはぬるま湯で飲むことをおすすめします。毎朝の朝食の後に飲む習慣をつけるなどして、同じ時間に飲む習慣をつけましょう。

ダイアン35を服用すると、ホルモンの影響によって以前の生理周期は壊れますが、おおむね2シート目から新しい生理周期で安定していきます。

ダイアン35の副作用について

ダイアン35に限らずですが、ピルを服用すると副作用が出る場合があります。

ピルを服用して一番多いとされる副作用は「吐き気やめまい」です。この副作用は一過性で、個人差はありますがホルモンバランスが落ち着くと共に、数日~数か月でおさまる場合がほとんどです。

その他に、頭痛や乳房のハリ、手足のむくみなどが一般的な副作用です

めったにありませんが、副作用により血栓症になる可能性が高まります。手足が急にしびれたり血栓症の前兆がある場合は、かかりつけの医師に相談してください。

ダイアン35とジネットの違いは?

ジネット35

ダイアン35とよく比較されるジネット35という低用量ピルがあります。このジネット35は、ダイアン35のジェネリック医薬品となり、製造する国や会社は違いますが、成分が全く一緒のピルとなります。

ジェネリック医薬品のほうが低価格で購入できることから、価格重視の人に人気を集めています。

一方で、ジェネリック医薬品にやや不安を持つかたも一定数いることも現実です。成分は同一ですが、どうしてもジェネリックが心配という方にはジネット35ではなく、ダイアン35をおすすめしています。

では、ダイアン35とジネット35の価格を比べてみましょう。

 

ダイアン35とジネット35の通販価格について

それではダイアン35とジネット35の通販価格を1シート(1ヵ月分)の価格から、まとめ買い価格まで見てみましょう。

 

一般的な病院の

低用量ピル

ダイアン35 ジネット
1シート 3,000円 3,440円 2,864円
3シート 9,000円 5,928円 4,626円
6シート 18,000円 9,168円 6,462円
12シート 30,000円 16,104円 10,776円

(※通販価格は通販サイトくすりエクスプレスを参照しています)

通販での購入はまとめ買いがかなりお得です。

ピルは決して安い薬ではありません。病院で診断しピルを処方してもらった人で費用を抑えるために、価格が低めの通販を利用することも多々あります。

ダイアン35の口コミ&評判

口コミ&評判について

それでは服用した方の口コミを見てみましょう。良い口コミも悪い口コミもネットから抜粋しましたので購入前の参考にしてください。

生理痛や生理不順、ニキビに悩んでいて病院でピルの処方をしてもらってました。1シート3,000円近くかかり、毎月の費用を抑えるために通販を利用しました。ダイアン35は初めてでしたが、副作用はそこまでなかったので良かったです。
個人差はあると思いますが、私の場合は生理痛も量も減ってとても助かっています。女性ホルモンのおかげか胸にハリが出てきたように感じています。
受け取りが遅れて保有期間が過ぎてしまうと、再送にお金がかかるので気を付けたほうがいいです
トリキュラーを飲んでいましたが、副作用が少ないと聞いてダイアン35に変えたら大正解でした!
個人輸入って最初は届くか不安だったけど、やってみたら普通の通販!新しいニキビもできなくなって気持ちがすごい楽になりました。
ほとんど副作用を感じませんでした。最初にちょっと吐き気がしたくらい?生理も28日ばっちりにコントロールできて予定も立てやすくて◎
最初は個人輸入代行サービスを利用することにためらいがありましたが、くすりエクスプレスはちゃんと届きましたし安心して購入できます。
服用し始めて3ヵ月ほどですが、特に問題ありません。低用量ピルの中でもダイアン35は副作用が少ないと聞いています。毛が濃いことがコンプレックスですが、これからに期待しています。

ダイアン35の通販での購入について

ダイアン35は日本では未認可の低用量ピルのため、国内での流通はありません。そのため海外商品の取り扱いがある通販サイトを利用して購入します。

ダイアン35は通販でまとめ買いするとお得です

ダイアン35を購入する場合は、個人輸入代行サービスを提供する通販サイトで購入します。通常、個人で海外の薬品を輸入しようと思っても、海外の優良な企業をさがして、発送方法などを決め、関税を通過するなど、困ったことに難しい手続きが非常に多いです。

そこで、個人輸入代行サービスを行うサイトを利用します。会員登録を行うと、通販のように海外の品が手軽に購入できます。「個人輸入って違法性はないの?」って思うかもしれませんが、違法ではありません。厚生労働省が認めていますのでちゃんと合法です。ただし、いくつかのルールがあります。

「さっそく購入しよう!」となる前に、個人輸入代行サービスを利用する上でいくつか注意点がありますので先にご覧ください。

・購入した薬を他人に譲渡・転売してはいけません(自分で使用する分しか購入してはいけない)

・基本的には男性は男性用、女性は女性用の薬しか購入できません

⇓もっと詳しい説明はこちらから⇓

ピルの服用が初めての方はまずは病院で診察を

ダイアン35を服用する方は、必ず医師の診断を受けてから購入するようにしましょう。

ダイアン35は、病院で処方されるピルが副作用が強い場合や、通販で費用を抑えたい方におすすめです。

もし、病院へ行けない、行きたくない方は、オンライン診察でピルを処方してもらえるスマホアプリ【スマルナ】をおすすめしています。

\病院に行かなくても診察できる♪/

⇓スマホアプリ スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ

 

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。