ピル通販のメリット・デメリット

ピルを購入するなら通販で【まとめ買い】が断然お得です

ピルの購入を検討されている方へ

ピルを購入する際は、通販を利用するとかなりお買い得です。

病院で処方してもらいピルを継続的に服用することは、活き活きと生活するために現代の女性にとって必要な手段の1つと言えるでしょう。ですが、それなりに費用がかかってしまい負担になってしまいます。さらに病院に行く手間や費用もかかり、婦人科検診も..。

これらの問題を解決するために通販を利用する女性が増えています!

(*低用量ピルはもちろん、アフターピルもまとめ買いがお得です。低用量ピルとアフターピルの違いはこちらから)

アフターピルを購入する低用量ピルを購入する

低用量ピル購入するなら通販!どれくらいお買い得?

では、ピルを通販で購入するとどれくらいお得なのでしょうか?人気の低用量ピルであるトリキュラーを例にあげて解説します。

  病院 通販
1ヵ月分 約2,000円 約3,000円
6ヵ月分 約12,000円 約6,000円
12ヵ月分 約24,000円 約9,000円

病院により費用も様々ですが、病院で処方されるトリキュラーの費用は1ヵ月分で約2,000円かかります。

通販の場合、1か月分の購入ですと病院より高くなってしまいますが、まとめ買いがかなりお得と分かります。12シートで購入すると1シートが約750円で購入できることになります。

避妊や生理不順のために服用したい女性は多い中、ピルにかかる費用はバカにできません。

継続的に服用をお考えの方は通販で購入すると、かなり費用を抑えることができます。

低用量ピルの購入ページへ>>

(※くすりエクスプレスでの購入方法はこちらを参照ください)

【病院へ行く時間がない!】【できれば病院へ行きたくない】

でも、一人でピルを選ぶのは心配..

という方は、

オンラインで医師が診断・処方までしてくれるスマホ専用アプリをおすすめしています。

\自宅で診察・処方ができるオンラインアプリ登場/

⇓スマルナ⇓

詳細ページ公式ページ

アフターピルをお買い求めの方へ

通販で購入できるアフターピル(アイピル)

低用量ピルは服用しなくとも、緊急避妊薬であるアフターピルをお守り代わりに常備しておく女性が増えています。

その理由は..?

  • 望まない妊娠があるかもしれない不安解消に
  • 彼がどうしても避妊道具を使ってくれない
  • もしものとき病院が休みかもしれない
  • 対応している病院が近くにない
  • 次の生理まで不安な日々を過ごしたくない

「避妊」については、どうしても男性主体となってしまうことが多いことが現状です。男性との性行為後、次の生理まで不安な思いを過ごしたこともあるのではないでしょうか。

アフターピルの効果を得るためには性行為後72時間以内の服用が好ましいとされています。避妊するには時間との戦いです。

また購入は通販がかなりお買い得です。

  病院(ノルレボ) 通販(アイピル)
1錠 10,000円~20,000円 約3,000円
3錠 約4,000円

万が一を考えて、緊急避妊薬であるアフターピル(アイピル)を通販で購入する女性が増えています。

病院で処方されるアフターピルはノルレボが主流です。ノルレボのジェネリック医薬品であるI-PILL(アイピル)が通販で人気のピルです。

また購入の際は3錠などのまとめ買いがおすすめです。どうしても吐き気に負けてしまい、アイピルを服用してすぐに戻してしまうと、もう一錠飲む必要があります。予備も含めて購入しておくことをお勧めしております。

アフターピルの購入ページへ>>

ピルの購入の前に

ピルの服用は医師の処方箋が必要です。初めてピルを服用をお考えの方は購入の前にかかりつけの医師に診断してもらいましょう。また、ピルについての基本知識をお読みください。

【病院へ行く時間がない!】【できれば病院へ行きたくない】

でも一人でピルを選ぶのは心配..

という方は、オンラインで医師が診断・処方までしてくれるスマホ専用アプリをおすすめしています。

\自宅で診察・処方ができるオンラインアプリ登場/

⇓スマルナ⇓

詳細ページ公式ページ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと


≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。


≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。


≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『損』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。